黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

自分の好きな事を好きなように書いて行きます。

【iPhoneアプリレビュー】関数電卓を持ち歩くのが面倒なあなたに!:√や三角比が簡単にできる「Panacal」

とある日筆者は統計学における、母比率の95%の信頼区間と言う数値の計算をしていた。これを計算する為には平方根(√)を計算する必要があり、手元に関数電卓が無く困っていた。

そこで「無料 関数電卓 iPhoneアプリ・iPadアプリのおすすめランキング:app-liv」を探していると、関数電卓として使えるアプリ「Panacal」の存在を知り、早速使ってみた。今日はこのアプリの便利さについて話したい。ここからは例題を通し、アプリの使い方を簡単に説明していきたい。

Panacalを使ってみよう

例題!

問題:一辺の長さ2の正三角形の面積の近似値を、小数点第4位まで求めよ。


例題を通したPanacalの使い方

まず高校数学Iでおなじみの三角形の面積の公式*1より、求める面積Sは、S = \frac{1}{2} * 2 * 2 * \sin{60}で計算することが可能だ。

しかしながら\sin{\frac{\pi}{3}} = \sin{60} = \frac{\sqrt{3}}{2}。ここで\sqrt{3}無理数なので正確な値を求める事ができず、どうにかしてこの近似値を求めねばならない。


f:id:program_study:20150322223335p:plain

1:小数点第4位まで求める設定をする

さてどうしよう?√の近似値を求める方法として、開平法*2ニュートン法*3*4等があるが、どれもめんどくさそうだ。そんな時にこのアプリの出番と言う訳だ。

Panacalでは小数点第何位まで計算するかを設定できる。[ALT]と上の黄色の文字の[TAB]のボタンを押す。


f:id:program_study:20150322222706p:plain

ここで、小数点第4位を設定すれば良い。


f:id:program_study:20150322221904j:plain:h480

2-1:角度をDEGにして計算する場合

ここからは練習もかねて、公式から一発で計算をしていく。今回はDEGなのでsinの値を60にして計算すれば良い。

S = \frac{1}{2} * 2 * 2 * \sin{60} = 1.7321


f:id:program_study:20150322222821p:plain

2-2:角度をRAD(ラジアン)にして計算する場合

今度は角度をラジアンに設定して計算してみよう。まず[ALT]と上の黄色の文字の[DRG]のボタンを押すと、以下のような画面が出て来る。


f:id:program_study:20150322223617j:plain:h480

\frac{\pi}{3}に部分は、πを3で割った値と考えπ÷3で計算すれば良い。このときの式は以下のようになる。

S = \frac{1}{2} * 2 * 2 * \sin{\frac{\pi}{3}} = 1.7321


f:id:program_study:20150322223109p:plain

最後に

とこんな具合に、無料にしては勿体ないくらい便利な機能が入っている。過去の数式に立ち返ることもできて非常に便利だ。そんな訳で是非是非使って欲しい。

インストール先

アプリ名 Panacal
iPhoneアプリインストール先 インストールはこちら

*1:三角形の面積の公式:http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/heron/heron.htm

*2:開平法:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E5%B9%B3%E6%B3%95

*3:2分法とニュートン法:http://www.math.kobe-u.ac.jp/~taka/asir-book-html/main/node35.html

*4:無論こういう数値計算のアプリやアルゴリズムを作る場合、開平計算の数値の誤差をどう扱うかが重要。