黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

自分の好きな事を好きなように書いて行きます。

本日の一杯(2):GW中に一杯いかが?ちょっと変わったフルーツビール「リンデマンス・ピーチ&リンデマンス・アップル」

お酒

俺は甘い酒が大好きだ。さて5/2現在と言えばGW真っ盛り。今日はGW中仕事で外にでられない、家でゆっくりしたい、独り身で寂しいそんなあなたに、全てを紛らわすことのできるお酒を紹介したい。(ってか自分の飲んだ酒を紹介してるだけだけど...)

第一章:リンデマンス・ピーチ

とある日の事。俺は某成城石井マートにて、甘めのビールを探そうと思いお酒コーナーへ足を運んだ。冷蔵庫を探しまわり、何やら甘めの色の包装の「リンデマンス・ピーチ」に出会う。これは良さそうだと思い早速買った。しかしながら栓抜きが無いので、家までもって帰って早速飲む事にした。

そしてグラスに次ぎ直していよいよ飲む事に。冷たいので氷を入れて飲む事としたが、味が落ちずぐいぐい飲める。外国産のビールなため、ホップも弱めで辛さと甘さが交互に来てのみやすい。ピーチはビールの味を邪魔せず、後味も残らないので今後見つけたら買って帰りたい。

第二章:リンデマンス・アップル

そしてまたある日の事。俺はスタバライフを満喫し終えたその足で、秋葉原アトレの成城石井マートへ向かった。そして甘めのビールを探そうと思い、お酒コーナーへ足を運んだ。冷蔵庫を探しまわり、今度はリンデマンス・アップルに出会い、これを購入する事に。

おつまみをどうするかを考える間もなくレジに向かい、ビールを購入。しかしながら栓抜きが無いので、家までもって帰って飲む事にした。そしてグラスに次ぎ直していよいよ飲む事に。ジャンクフードとリンデマンスでひと時の休息を始めた。

冷たいので氷を入れて飲む事としたが、味が落ちずぐいぐい飲める。アップルの程よい甘さがまたのどごし良く、素早く全部飲み干す。

それにしても300円と言うのは大変手頃で、これはZIMA一本分の額に相当する。こういう特殊なビールは何本も買い貯めておきたいが、持ち帰れないのが悩みどころだ。