黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

自分の好きな事を好きなように書いて行きます。

2015年になる前に、2014年を振り返ってみる

文字通り2015年になる前に、2014年を振り返ってみました。これを書いてる現在が22:37なので、90分で記事を書かねばならない。

統計とラブライブ!との出会い

2014年は統計とラブライブ!の年だったと思います。特にラブライブ!との出会いは、このブログの方向、自分の方向性を劇的に変えるきっかけとなりました。以下ラブライブ!がITの面、非IT面で俺に与えた影響について話そうと思います。

ラブライブ!が俺に与えた影響(IT面)

ITの面では、これがきっかけになって業界の方と話すきっかけが増えたと言う事です。コミケの同人誌でおなじみのありらいおん氏、二コニコ学会データ研究部など他者との関わりが増えました。

自分と同じような事をやっている方の同人誌だったので、思わずとびつきました。以下その戦利品を公開します。


f:id:program_study:20130131210103j:plain

コミケの年齢層やニコニコ動画の投稿状況などの統計をまとめていて、「業界ネタに使えるぞ」と買っていったものになります。物事を伝えるのに必要な統計テクニックを使っていて、「ここでこう使うのか」など非常に参考にさせて頂きました。

脱線して今年一年でお世話になった統計本を紹介!

話の流れ的に丁度良いので、脱線して今年1年でお世話になった統計本を紹介します。Microsoft Officeは、このブログネタをやるのにお世話になったツールです。業界的にはR言語に注力すべきですが、色を出さずExcelでやってました。こんな平均や標準偏差を手軽に計算ができるツールを開発されているMicrosoftさんに感謝申し上げます。

OpenCVはデータ分析とは関係ないですが、K-Meansのネタを書くときに読んだので。あとそれ根拠あるの?(略)は自分の現状として掲載させて頂きました。

いずれにせよこの記事があるのも、多くの本の著者さん及びその出版社、ここには掲載できない数え切れない技術ブロガーのおかげです。本当に感謝して止みません。

ラブライブ!が俺に与えた影響(非IT面)

非IT面では、コスプレイヤーの女の子や業界人の間での雑談が捗った点です。IT系の人ってアニメ好きな人多いので話すネタに困らなくなったのは嬉しかったです。

でも何の曲の衣装か突っ込まれると答えられません。実際レイヤーのコに教わったりしましたもの(汗)。アニメ作った人に気の毒なので、この話はここまでにします。

今年最後のラブライブ!pixiv投稿数結果発表

今年最後のラブライブ!pixiv投稿数結果発表と行きます。最後なので「ラブライブもここまで大きくなったなあ」と言うのを見やすくするために、pixivのラブライブ!タグにおけるイラスト投稿数(非会員)の累計値の推移を取ってみました。


f:id:program_study:20141231233552j:plain

あるものが時間に応じ、どれだけ大きくなったかを見るのに累計値の積み上げグラフが有効です。これはソーシャルゲームで言うならインストール数の推移をとってみて、「売上が○○円見込めます!」と説明する時に応用できる思います。このように説明にどのグラフを使うべきか?を学べるのもこのネタの良い点でした。

最後に

自分は元々目的があってこの業界に居た訳ではありませんでした。むしろ机仕事でお金が入るなら位の気持ちでやってた事の方が多かったかも...

目的無く業界に入った人に何か言うなら、とりあえず何か1つやりたい事がみつかるまでがんばってみてって事ですかね。話変わって「2014年締めのご挨拶:メイプルシステムズ」に影響されて書いたのですが、ここまで志の高い事は言えないorz

さて俺のやってるデータ分析もどきって一般ウケはすげ〜悪いです。こういう方達一丸になって言われるのは、「iPhoneアプリでも作れ」「ゲームでも何でも作れ」「目に見えるものをやれ」とは凄く言われます。

目に見えないものをやりたいクチの自分にはきつい(面倒だからやれる所から始めた)んすが、ともかくくだらない事でもなにかしらは身に付きますし、むしろ他人の「やってる意味ない」は極力気にしないことも大切です。

技術面で少し覚えたのは、UNIX/Linuxの運用の仕方ですかね。職業柄覚えないと行けないんですけど、何か運用するタネが無いと覚えるきっかけがないんですよねこれが(汗)。これに限らず自分で運用すると、様々な面できっかけが生まれます。どうかそのきっかけを大事にするようお願い致します。

もっと書きたい事がありますが、時計は23:30を回っています。このまま行くと2015年になってしまうのでここで話を切り上げます。書きたいことを書いたのでまとまりの無い文体ですみません。それでは皆さん良い2015年を。