黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

黄昏より暗きもの、血の流れより赤きもの

自分の好きな事を好きなように書いて行きます。

工数を減らしたいあなたにおすすめする、3つのwordpress素材サイト

まずテンプレートとは、おにぎりを作る型抜きのようなものを指す。あらかじめ決められた型を使う事で、業務の生産性を上げるための道具に当たる。

テンプレートを使う事の利点

テンプレートを使う事の利点は、作業が楽になり、工数を減らす事ができる点だ。その結果人件費を削減し、利益を多く取る事ができる。

制作面でも、独自のCMS(サイト更新ツール)を実装する必要がないときなどに便利だ。もちろんテンプレートを使う場合も、デザインのラフを書いて、Photoshopに起こしてスライスして...という作業はある程度必要となると思うが、トータルの作業がかなり短縮されるであろう。その分お店の写真にチカラを入れたりと、違う面に注力しやすくなる利点もある。

テンプレートを使う事の欠点

テンプレートを使う事の欠点は、見てくれが似通ったサイトとなる可能性が高い点だ。その結果、成果物の差別化を図りにくくなる。又テンプレートの仕様を理解するのに時間がかかり、結果的に利益につながらない可能性も出て来る事も注意されたい。

無料で超絶クオリティが高いWordPressテーマ「BizVektorβ8」が凄すぎた

一般的な企業サイトのwordpressテンプレートで、無料で使う事が出来るのが嬉しい。カラーのカスタマイズも出来るのが嬉しい。

f:id:program_study:20130604085610p:plain

クラウドテンプレート

上からナビゲーションがあって、キービジュアルを置く場所があって...と言った一般的なテンプレート。合計で10ページ未満の小さいホームページならば、0.5〜1人月位で行けそうだ。内訳はバナーのデザインとスライスで0.25人月、本体に張り込む作業で0.25人月位か?

f:id:program_study:20130604085619p:plain

WordPress Theme | WordPress テンプレート「Minimal WP」シンプルでおしゃれな日本語ワードプレステーマ

クラウドテンプレートよりも、写真の大きいテンプレートが中心。写真を売りにしたサイトの制作に役に立つ。工数は上記と同じ位で行けそうな気がする。

f:id:program_study:20130604085616p:plain